普通のケガの違い①

外力が大きく、瞬間的な衝撃のため、通常の転んだケガより損傷のダメージが深く、広範囲なことが多いです。
故に治りにくい、再発し易い、10年後30年後になってから出てくるという印象が強いのでしょう。

Copyright© 2014 – ‘2018’ Just another WordPress site All Rights Reserved.