普通のケガとの違い

  • 普通とのケガの違い③ 普通とのケガの違い③

    後々への印象の後遺症、再発、弱くなった、繰り返す。 ①②の事から ・普通の加療して表面的に治癒した場合⇒再発 ・一時治癒後にアフターケアをしない場合⇒古傷

  • 普通とのケガの違い② 普通とのケガの違い②

    治り方も通常より長くかかることもあります。 局所に鋭角に外力が加わることが痛事故(むち打ちなど)の特長ですが、ある程度のダメージを受けると通常の加療では回復しない場合があります。

  • 普通のケガの違い① 普通のケガの違い①

    外力が大きく、瞬間的な衝撃のため、通常の転んだケガより損傷のダメージが深く、広範囲なことが多いです。 故に治りにくい、再発し易い、10年後30年後になってから出てくるという印象が強いのでしょう。


Copyright© 2014 – ‘2017’ Just another WordPress site All Rights Reserved.