労災保険を適用しよう

労働者の方は仕事中のケガ、通勤途中のケガは労働者災害補償保険法に規定されている労災保険による保障を受けることができます。

基本的に仕事上や通勤途中のケガは労災保険に適用されます。
「労働災害、通勤災害」といっても、大きなケガばかりでなく、業務上、又は通勤に起因するケガは基本的に労災として認定されます。
また、実際に作業中でなくても、業務に関係がある使用者の支配下にあると認められる「休憩時間」や「出張中の移動や宿泊」も”業務上”に含まれます。

通勤途中
作業中
出張中

 

通勤災害と労働災害

通勤災害

通勤の途中でケガをした場合に適用されます。

用紙のダウンロードはこちらから

労働災害

労働時間中にケガをした場合に適用されます。

用紙のダウンロードはこちらから

労災保険を使用することで負担金0円で施術を受けられます。

労災の場合は些細なケガでも特に注意が必要!
なぜなら、治療中も、治療後も、ケガの原因となることを知らず知らずのうちにしている場合が多いのです。
同じ動き、姿勢(仕事中の動作、職場環境)が続く場合要注意です。
このため、労災の特徴として、治療中や治る前に再発など、気を抜けないことが多いのです。
こういった災害の場合、遅発性の症状があるので油断できません。
みなみ整骨院はお客様と御勤務の会社様が円滑に施術できるようサポートいたします。また現在、整骨院・接骨院・整形外科・病院などに通院されている方でも、 当院に転院可能です。お困りの方はご相談ください。

お仕事中のケガ 通勤中のケガ
会社に本人が報告 書類作成
当院へ連絡 または来院
専門窓口で手続き
通院開始
施術の流れはこちらから

 

【使用に当たっての注意】
整骨院での適用範囲は、突発的発生、且つ慢性的な持病になっていないものに対して使用できます。また通勤、労働に起因しているものに限られます。

民間保険にご加入の方へ

再発・関連故障・飛び火故障の予防チェック制度

労災隠しをしたために、大変なことに!!

健康保険を使用して労災隠しが発覚した場合

労災の怪我を隠して健康保険で使用することは健康保険法で禁止されています。
発覚した場合は、会社、ご本人共にペナルティーが科せられることがありますのでご注意ください。

会社側がなぜ労災を嫌がるのか?
通常の災害で、特に会社側の責がある場合を除き保険料金が上がったり、労働基準監督署によるペナルティーが科せられることはありません。安心してお使いください。
むしろ、会社が加入している健康保険組合の保険を無理に使ったり内緒で使う方が好ましくありません。
 

皆様から寄せられるご質問にお答えします
患者様の声 痛みや悩みから解消された方のご紹介
スタッフ紹介

定休日のご案内
スタッフ募集
グラビティヨガ

みなみ整骨院 お電話でのお問い合わせ・ご予約は042-473-4141
メールでのお問い合わせ
〒187-0002東京都小平市花小金井4-36-6  定休日:毎週水曜日及び木曜定休月1回 ※月1回の定休日は「定休日のご案内」でご確認ください
リフレッシュルームClass One
独立開業を支援する治療家スクール グランラーガセラピストアカデミー


Copyright© 2014 – ‘2017’ Just another WordPress site All Rights Reserved.